ゼロカーボンに向けた
中長期的なお取り組みを
支援します

GHG排出量見える化ツール

GHGプロトコル※1に対応したGHG排出量算定用のツールです。資料ダウンロードページより無料でダウンロードいただけます。
お客さまのエネルギー使用量や事業活動に関する数値、排出係数を入力いただくだけでGHG排出量を自動で算定します。

GHG排出量見える化ツールの特徴

  1. GHGプロトコルに対応:スコープ1~3の算定が可能
  2. GHG排出量の見える化:算定した排出量のグラフ化が可能
  3. GHG排出量の比較:過去のデータと比較が可能
  4. 解説付き:データ入力の手順等を解説

ゼロカーボンコンサルティング

  • お客さまのお困り事
  • コンサルティング
  • CDP※2等の外部評価を良くしたいのだが、具体的に何をすればいいの?
  • 国際的な基準に合わせたゼロカーボン化目標の設定支援(RE100、SBT※3への対応)
  • ESG投資等を意識した情報開示って?
  • ESG投資等を意識されるお客さまへ情報開示、CDPスコアUPのための回答に係るアドバイス
  • 低コストでできるCO₂削減の取り組みはないか?
  • 初期費用ゼロで導入いただける太陽光オンサイトサービス、国の補助金活用に係るアドバイス
    1. 海外拠点のCO₂削減にどう取り組むべきか?
    2. 開発途上国のCO₂削減に貢献するためにはどうしたらよいか?
    1. 海外再エネ証書であるI-RECの調達・提供、詳しくは海外ソリューションI-REC紹介
    2. 国の補助金(JCM※4実施に伴い必要となる設備投資への補助)活用支援
  • エネルギーのゼロカーボン化に取り組みたいが、何から取り組んだらよいのか?
  • お客さまのご要望に合わせた最新の環境動向等に係る勉強会の実施、環境ソリューションサービス全般にわたるカスタマイズ
  • GHGプロトコルを用いたGHG排出量の算定を行いたいがどうしたらよいか?
  • GHG排出量の見える化ができるツールを無料でご提供します。詳しくは 「GHG排出量見える化ツール」 の項目をご覧ください。

※1

※ GHGプロトコルとは:温室効果ガス(Greenhouse Gas)排出量の算定・報告の方法を定めた基準で、CDP、RE100、SBT等で使用される事実上の世界基準

※2

CDPとは:ESG投資のための 「企業の環境情報開示」 を行う国際NGO。各国の主要企業に 「CDP質問書」 を送付し、回答に対して分析、評価を行い機関投資家等に提供。ESG投資における基礎データとしての地位を確立

※3

※ RE100とは: 「事業活動で用いる電力を100%再生可能エネルギー由来の電力で賄う」 ことを促す取組み
※ SBTとは:パリ協定の目標(気温上昇を2℃より十分低く、更に1.5℃に抑える)を実現するために、 「企業が科学的なシナリオと整合した削減目標を設定する」 ことを促す取組み

※4

※ JCMとは:日本の優れた低炭素技術の普及等により途上国の持続可能な 開発に貢献することを目的に構築された制度

JCMパートナー国

2021年8月現在 17か国
モンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ベトナム、ラオス、インドネシア、コスタリカ、パラオ、カンボジア、メキシコ、サウジアラビア、チリ、ミャンマー、タイ、フィリピン

0120-926-280
通話無料 【受付時間】 9:00〜17:00 (土日祝・年末年始除く)