かんでん 総合防災サービス緊急時燃料配送サービス

全国対応非常時もお客さまの
電源確保に最善を尽くします

専属契約で安心の
「緊急時燃料配送サービス」

2分でわかるサービス紹介動画

燃料保管・配送を専属で行う関西電力の緊急時燃料配送サービス

災害に備えて、非常用電源には発電時間に応じた燃料確保が必要です

万一のときに 「非常用電源」 が必要不可欠な業種では、発電のための確実な燃料確保が必須です。

  • 金融機関

    金融機関

    想定以上の災害で、対策が十分ではなく、 停電時間が長期化し、 業務に支障が出てしまった

  • 冷凍倉庫

    冷凍倉庫

    災害時でも倉庫内を低い温度に維持したいので、非常用発電機を長期稼働させる燃料を確保したい

  • 災害拠点病院

    災害拠点病院

    厚生労働省から通達があり、燃料備蓄が必要になったが、現状の燃料備蓄が十分といえるのか不安がある

  • 放送局・通信企業

    放送局・通信企業

    社会的責任を果たすため、無停電化を確実にしたい。現在の契約先で大災害時に本当に配送されるのか心配

関西電力なら、非常時もお客さまの電源確保に最善を尽くします

平常時よりお客さまの非常用発電機用の燃料を専属貯蔵しておき、非常時にお客さまの備蓄燃料が枯渇する前に専属車両にてお届けすることで、非常用発電機の長期稼働を実現します。

※燃料保管、配送車両等の確保、燃料配送をお客さま専属に行います。
燃料配送は日本BCP株式会社が行います。

燃料保管 + 災害時配送サービスの仕組み

燃料保管+災害時配送サービスの仕組み
  • 迅速な初動対応

    迅速な初動対応

  • 緊急車両として規制区域も配送

    緊急車両として
    規制区域も配送

  • 道路状況を把握し、最適ルートで配送

    道路状況を把握し、
    最適ルートで配送

  • ひとつのタンクが被災しても複数のエリアから配送

    ひとつのタンクが
    被災しても複数の
    エリアから配送

  • タンクを最小限に抑制

    お客さまの備蓄
    タンクを最小限に
    抑制

日本全国に燃料貯蔵基地とタンクローリーを配備

燃料備蓄 (保管タンク)
  • ●国内68ヶ所の貯蔵タンク
  • ●24時間365日出荷可能
  • ●全国で約77,000 kLの貯蔵量を確保
  • ●地震に強い地下タンクが中心
燃料配送 (タンクローリー)
  • ●西日本270台、関東170台保有
  • ●配送エリアは全国
  • ●拠点間のバックアップ体制

2019年4月時点

日本全国に燃料貯蔵基地とタンクローリーを配備

最適ルートを選定

道路状況を収集、本部と連携
しながら最適なルートで燃料を
確実に届けます。

通信手段の多重化
  1. 1.緊急対策要員に優先携帯電話を配布
  2. 2.本社、燃料保管施設などに衛星携帯電話を配備
  3. 3.配送車両に緊急災害用ハンディ無線を搭載

2019年4月時点

防災訓練などソフト面の対策もサポート

防災訓練などソフト面の対策もサポート

企業さまの防災訓練にあわせて、燃料配送訓練を行うことも可能です。非常時に、従業員や関係者がスムーズに対応できるように防災訓練をサポートします。

「ラストワンマイル」 最終輸送手段は人力

すべてのルートの道路が寸断された場合、配送要員が燃料を
背負って運ぶこともあります。

燃料を背負って山を登る

燃料を背負って山を登る

山頂の施設のタンクに燃料を供給

山頂の施設のタンクに燃料を供給る

災害時における豊富な活動実績

東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨など災害での活動した経験があります。

燃料を配送するタンクローリー

燃料を配送するタンクローリー

被災現場の復興用重機への軽油燃料配送

被災現場の復興用重機への軽油燃料配送

燃料タンクへ燃料を供給

燃料タンクへ燃料を供給

料金について

初期費用 : 
石油燃料の調達
月額費用 : 
石油燃料の保管 + 専属車両の確保
都度費用 : 
石油燃料の専属配送契約

お問い合わせはこちら

放送局、通信会社など社会的信頼度の高い業種に選ばれています

放送局、通信会社など社会的信頼度の高い業種に選ばれています

ご契約の流れ

  1. 1 1.ご提案(関西電力と日本BCP)

    ご提案(関西電力と日本BCP)

    • 停電時にお客さまが必要とされる発電時間をお伺いします。
    • 発電時間に応じた必要な燃料の量を計算します。
    • さらに、非常用発電機の燃料の種類や、配送先などの情報をお伺いし、最適なプランをご提案させていただきます。
  2. 2 2.石油燃料の調達(お客さままたは日本BCP)

    石油燃料の調達(お客さままたは日本BCP)

    • お客さまにて必要な石油燃料をご準備いただきます。
    • 日本BCPより石油燃料のご購入も可能です。(燃料価格=燃料手配日における主要相場の価格+補充手数料他)

    ※関西電力は、お客さまに直接、石油燃料の販売は行いません。

  3. 3 3.石油燃料の専属保管※1(関西電力)

    石油燃料の専属保管※1(関西電力)

    • お客さまよりお預かりした石油燃料は、日本BCPの貯蔵所でお客さま専属の燃料として保管します。※2
    1. ※1 関西電力と専属保管契約を締結いただきます。
    2. ※2 石油燃料は消防法に基づき指定数量以上を保管する場合は、市町村長等の許可を受けた危険物施設で保管します。
  4. 4 4.専属車両等の確保※3(関西電力)

    専属車両等の確保※3(関西電力)

    • 非常時に24時間365日いつでも出動できるように、お客さま専属のタンクローリーと配送要員を確保します。
    1. ※3 関西電力と専属車両契約を締結いただきます。
  5. 5 5.石油燃料の専属配送※4(日本BCP)

    石油燃料の専属配送※4(日本BCP)

    • 配送に係わる実費相当については、日本BCPよりお客さまにご請求します。
    • 非常時における燃料配送は、日本BCPが行います。
    1. ※4 日本BCPと専属配送契約を締結いただきます。

よくあるご質問

「専属保管契約」 「専属車両契約」 とは何ですか?
専属契約は、お客さま専属の燃料と車両を常時確保し、有事の際に配送するサービスで、燃料を確保できれば優先的に配送する 「優先契約」 に比べて供給信頼性が高いといえます。
燃料の配送にかかる時間はどれぐらいですか?
備蓄拠点からの配送距離によりますが、ご提案にあたり、お客さまごとに災害時を想定した燃料配送計画をシミュレーションさせていただきます。
保管できる燃料は何ですか?
重油、軽油、灯油、ガソリンです。
保管した燃料が劣化することはないのですか?
燃料を保管するタンク内に一般販売用の燃料も一緒に保管しており、常にタンク内の燃料が入れ替わるため、劣化することはありません。 (消費寄託として、お客さまが必要とする際に同種・同等・同量の燃料を返還します。)
関西電力との電気・ガスの契約はないが、サービス利用は可能ですか?
可能です。
0120-926-280
通話無料【受付時間】9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)

関連するサービス